アザレア

アザレア (Azalea)
 ツツジ科のロードデンドロン属に含められている旧属名ですが、園芸上はセイヨウツツジ(一名オランダツツジ)とよぶツツジ類の総称です。
常緑または半常緑低木で高さ1〜2mになるが、多くは30〜60cmの鉢植えにしています。
枝はサツキやクルメツツジより太く、粗く枝を分ける。葉は楕円形または楕円状披針(ひしん)形、長さ2〜5cmで先がとがり、深緑色で葉質がやや厚い。花は野外では4〜5月に開くが、温室では2〜3月に開花し、花弁は広い漏斗状でサツキより大きい八重咲が多いが、品種により、形や花色など変異に富んでいます。半耐寒性。
2001年猫の額の庭に鉢から地植えにしました。
地植えにしてからずいぶん経ちましたがほったらかしで花数も少なく撮影することも無かったのですが、八重のアザレアはだめでしたが、
今(2015)年白色のアザレアは、花数は少なくとも撮影してもいいかなと思いこの頁を更新しました。
15.04.17.更新    01.05.05裕・編集

15.04.16.撮影
今(2015)年は少し花咲かせましたので撮影しました

15.04.16.撮影

01.05.05撮影

00.05.01撮影

00.05.01撮影



鉢物園芸目次へ



画像一覧へ 
鉢物園芸表紙へ
カウンター