×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンズ

アンズ
 apricot
 バラ科の落葉中高木。カラモモ(唐桃)ともいう。
果実を食用とするため古くから栽培されている。染色体数は2n=16である。放任樹では高さ15mにも達するが、栽培下では整枝剪定により5m前後が普通。葉は互生し有柄で卵円形または広楕円形、7〜8cmあり、小鋸歯(きょし)がある。花は淡桃色ないしは桃色で、早春に開き、基本的には5弁花であるが、品種によっては重弁もある。雌しべは1本、雄しべは多数。自家自殖する。果実はウメに似て球形で、3〜4cm、初夏に乳白色ないしは黄色に熟す。多くは離核で、核は堅く灰褐色。
種は生薬杏仁(キョウニン)=せきどめ、痰きりにもちいてた
00.05.01裕・編集

’00.04.29撮影

’00.04.23撮影

’00.04.08撮影
花は毎年咲きますが今年実をつけますか? アンズ、今年で3年経ちますが
まだ果実をつけた事はありません。



鉢物園芸目次へ



画像一覧へ 
鉢物園芸表紙へ
カウンター