×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タンポポ

タンポポ
蒲公英
 キク科の多年草。
葉は根生してロゼット状をなし、さまざまな形に羽裂する。切ると乳液が出る。4〜5月、中空の花茎の先に径3.5〜5cmと大きな黄色(稀に白色もある)の頭花を1個つける。頭花は舌状花のみからなり、朝開き夕方閉じる。花期後、花茎は地をはい、果実が熟すとふたたび直立し、パラシュート形の冠毛のある痩果(そうか)が風によって散布される。
人里の道端や土手などに生育し、東北地方南部から北九州に分布する。
タンポポ属は北半球の温帯から寒帯にかけて約2000種あり、日本には約10種が自生する。ヨーロッパでは花や根を強肝、利尿、強壮などの薬用に、根を炒って、粉にしたのをコーヒーの代用に使った。
< 西洋と日本の違い >
日本在来種タンポポ
花を支える総苞片(=「がく」)がすべて上向き
「春」のみ開花し種をむすぶ
西洋タンポポ
花を支える「がく」が下に反り返っている
「一年中」開花と種を繰り返す

‘03.05.13撮影

‘03.05.13撮影
育てたというより勝手に飛んできたのです
ガクが写っていませんがカンサイタンポポか?・・・



鉢物園芸目次へ



画像一覧へ 
鉢物園芸表紙へ
カウンター