カーネーション

カーネーション
carnation
ナデシコ科の一年草および多年草。オランダセキチクまたはジャコウナデシコともいう。
南ヨーロッパ、西アジア原産。高さは20〜90cmで直立し、よく枝を出す。葉は対生し、線状で灰緑色。一ないし数個の花をつける。原種の花色は鮮赤色であるが、現在は花色が豊富となり、絞りや覆色などもある。花弁は元来五枚であるが、数十枚のものが多く、弁先は切れ込みが多い。雄しべは一重咲きでは10本、八重咲きは不完全ながら数本つく。雌しべの花柱は二裂する。花の大きさは種類により花径2、3cmから10cm以上のものまである。萼は円筒形で先端は五裂し、基部に菱形の小包葉が数枚つく。温室や露地で切り花用に栽培され、また花壇にも利用される。
03.05.30更新    00.03.05裕・編集

‘03.05.03撮影

‘03.05.27撮影
咲き出してきました めいっぱいの満開・・・

‘02.04.27撮影

‘02.06.05撮影
カーネーションは周年咲いてくれます、
それだけ花は弱るのでしょうね。
チョット時期がずれたカーネーション

’99.12撮影

'00.03.04
撮影
H7年購入してから花殻をこまめに取ってやると花を周年付けてくれます。 春を敏感に感じたか?
(感ずるわけないか温室の中だものネ)



鉢物園芸目次へ



画像一覧へ 
鉢物園芸表紙へ


ナデシコ
カーネーション
カウンター